2017/06
 123456789101112131415161718192021222324252627282930 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辣韮の皮

どんな素敵な中身が出てくるのかしらと辣韮の皮をひたすら剥き続けて8年。中身なんて何もないんだという事をやっと理解しました。サル並み…いやいや、まさしくサル以下だなw。
スポンサーサイト

無題

なんかやっぱり誰にも気兼ねせず “つぶやく” にはコッチの方がいいかもとか思ってきた。

選手宣誓w

これまで幾度となくチャレンジしてはその都度挫折してきた“ある事”に、50の大台を目前にした今、もう一度それ相応の決意と覚悟を持って挑んでみる。

自分自身への宣誓としてあえてココに記しておこう。

今度はやんなきゃな〜w。


できることをやらなくちゃね

おひさしぶりです。

下の文章は、昨日行われた首相官邸前デモについて書かれたとあるブログの記事に対して送られたコメントです。
このブログを覗きに来て下さっている方にもぜひ読んでいただきたいと思ったので、勝手にコピペさせていただきました。すみません。




価値あるデモである。

一国を救わんとする大変価値あるデモである。

本来、民主党、自由民主党、ともに民が主である。

今の野田政権の原発復活への盲進ぶりはとにかく異常である。
福島原発事故処理の無関心さ、現状認識の欠如、危機意識の欠如、事故処理対応能力の欠如、国民への情報開示の無さ、避難誘導の甘さ、放射能汚染の将来的危険性、その影響への認識欠如。限りなくでき続ける使用済み核燃料の安全保管計画の無さ。

挙げ句の果て原発屋利権への屈服。

一旦事故が起きれば、一時的電力不足云々どころの騒ぎではないのだ。

生きているうちに、昨日まで生活をしてきた町や村、わが家に帰れない国民がすでにいるのである。故郷を追われた福島県民を察すれば、直ぐにわかることだ。

放射能汚染さえなければ、たとえ津波で町ごと流され壊滅的となっても、翌日から復興に向け歩み始めることができる。

今でも毎年、日本各地どこかで水害、山崩れ、など発生しているが、そこに放射能汚染はない。だからその地に留まり歯を食いしばり細々とでも地道に復興していけるのである。

それが自然災害を克服してきた歴史である。

それに控え、放射能汚染は、人類がその地に近寄ることさえ許されない危険極まりないものである。

高濃度放射能汚染地域では努力しようにも手がつけられない。つまり復興はできないのである。
それは国土の滅びを意味する。
大飯原発再稼働なんていまさらもってのほかだ。

懲りずに国土滅亡の時限爆弾のスイッチを入れるようなものだ。
それがわからない野田政権は狂気の政権だ。

国会内がメチャクチャなら、国民が直接行動で国を守るしかない。

国民の行動とは、繰り返し、繰り返しのデモしかり。

ブログ等での繰り返し、繰り返しの発信もしかり。

大きなうねりとなった国民世論には、永田町の特権政治家といえども逆らえない。

権力側は、最初はそのうねりをできるだけ矮小化し弾圧し、火消しに走る。

しかし一旦消せなくなった火には従わざるを得なくなる。

そこまで、頑張り続けなければならない。

凍結宣言

…と言っても寒さのあまり凍えたってことではもちろんなく、実は以前から少々考えるところがありまして、ちょうど新しい年も迎えてタイミング的にも区切りが良いので、今後しばらくの間このブログを凍結することにしました。

ま、いちいちそんな宣言しなくてもこれまでも十分放置状態だったワケですが、そこは自分的なけじめとして一応…ね(笑)。

では、皆様にとって2012年が素晴らしい年になりますよう心からお祈りしつつ、我々ザ・トロフィーズのライヴ会場でお会いできるのを楽しみにしております。


ありがとうございました~!




Time, Mile & Smile

宇都宮隆さんの『Timesmile Tour 2011』が終わりました。今回の旅(Tour)は僕自身にとってもタイトルどおり、この世に生を受けてこれまで生きて来た時間(Time)と歩んで来た距離(Mile)を改めて深く考えさせ、そして、これまでに出会った大切な人達ひとりひとりの笑顔(Smile)を鮮やかに思い出させる貴重な旅になりました。

日本はもちろん世界的にも、そして個人的にも色々な事があった2011年に、旅のお供として僕を誘って下さり、常に優しく暖かい眼差しで見守り、自分と対峙する時間を与えて下さった宇都宮隆さんに心の底から感謝の意を表します。本当にありがとうございました。

そしてもちろん、客席から一生懸命応援して下さったファンのみなさんには感謝の言葉もありません。本当に本当にありがとうございました。自分としても反省すべき点は多く、お見苦しい、お聴き苦しい点も多々あったとは思いますが、ほんの一瞬でも、宇都宮さんとファンのみなさんの想いを繋げるお手伝いができたのであれば、これほど嬉しく幸せな事はありません。


今回の旅を終えた自分がこれからどのように変化していくのかはわかりませんが、この先もギターを抱いて、僕なりに、僕らしく、時を重ねていきたいと思います。

ありがとうございました。

駆け込み更新!

明日は(もう今日だ)いよいよツアー暫定ファイナルとなる名古屋公演なワケですが、がんばるぞ!おー!たのしもーぜ!いぇい!ではツイッターで事足りてしまうので、今回の使用ギターの中でまだ紹介していない、ピンポイントで登場する2本の写真を載せてお茶を…以下略w。


FB.jpg

まずは半音下げチューニングにして1曲のみで使用するギブソンのノンリバース・ファイヤーバード。これはとにかくカタチが好き。昔から、なんてカッコ悪いギターなんだろうとずーっと思ってたんだけど、数年前のある日、ホントに突然雷に打たれたように好きになって衝動的にお茶の水に行って買いました(笑)。人生長くやってるとこーいうこともあるのだなぁw。



TCM.jpg

こちらも1曲のみ(例外もあり)使用のタコマ。なんかしらんけどずーっと前からウチにいるスーパーサブ的アコギ(笑)。僕にとってはもはや好き嫌いを通り越して空気のようにそこにあるギター。人生長くやってるとこーいう関係もありなのだなぁw。



…というワケで、名古屋もギターくんたちの力を借りて

がんばるぞ!おー!

たのしもうぜ!いぇい!

大絶賛続行中!!!

さてさて、日本橋三井ホール2DAYSも大盛り上がりのうちに終了し、8月から始まったこのTimesmileツアーも少しづつ佳境に近づきつつある今日この頃ですが、若干遅まきながら今回ご一緒させていただいております素晴らしいミュージシャンの方々をあらためてご紹介したいと思います。まず最初はバンマスでキーボードの…


panda.jpg

パンダ兄弟で~す!いぇ~い!!!…ってオイwww。


そーじゃなくて、このパンダの飼い主?持ち主?がホンモノのバンマス、ただいま超売れっ子でしかもイケメンのサウンドプロデューサー、nishi-ken君で~す。

nishiken.jpg

うーむ、ピグ作りやすそうな風貌だ…あ、失礼(笑)。そして次にドラムはもうすっかりお馴染み…のわりに今回かなり久々にご一緒させていただいておりますこの方、そう、べーあんこと阿部薫さん!

ahesan.jpg

…www あ、いや、大丈夫です。ちゃんと御本人の許可はいただいておりますから。 こんなカンジで楽屋ではしょっちゅう面白いことして場を和ませてくれるムードメーカーの阿部さんですが、もちろんひとたびステージに上がりドラムセットの前に座れば…

drums.jpg

最高にパワフルで気持ち良いグルーヴを次から次へと叩き出すそれはもうヒジョーに頼もしいお方であります。そんでもってその阿部さんとコンビを組むのが、今回初めてご一緒するベーシストのKANAMEさん。

kaname.jpg

おおー、カッコイイ~!!!見た目も音もプレイもまさにROCKそのもの。大先輩、さすがです。んで、次のお方は紅一点、この方も今回お初のコーラス、望月英莉加サマ。

erika.jpg

おおー、せくすうぃ~w。ちなみについ先日思いきって20cm切ったという髪型はこのようになっております。とてもよくお似合いです。


そして最後はもちろん我らがリーダー、ヴォーカルのウツさん!!!





YAMAHA.jpg

…のギターwwwwww。さすがに御本人のお写真を載せるわけにはいかないので、その代わり…と言うワケではないですが、ちょうどファンの方からリクエストを頂いていた、ウツさんがいつもステージで使用しているギターの写真を載せておきますね。日本が世界に誇るYAMAHA製のこのギター、事務所の方のお話によると、ウツさんのために特別に製作された世界で1本しかない貴重なギターで、僕のヘタクソな写真ではわかりづらいと思いますが、ボディが通常のカタログラインナップとは違ってとても薄く作られており、また木材も非常に高級な物が使ってあるとのことです。ちなみにヘッドにはYAMAHAとともにU-WAVEのロゴが。

HEAD_20111004233654.jpg



…というワケで、楽しい仲間と一緒の楽しいツアーは続きます。今週末は大阪2DAYS!!!

まだまだ頑張りまっせ~!!!

ネックがネック

…ベタベタなタイトルですいません。そんなこんなで、昨日の札幌公演のつぶあんコーナーでも親友の金髪犬ちゃんからの質問にお答えしてちょっと触れましたが、無責任に盛り上げたニューギター祭りのクライマックスは一瞬のうちに終わってしまいました。まさに瞬殺w。

僕も今日までそれなりに色々なギターと付き合って来たので、マテリアル(木材)とピックアップの種類がわかれば写真だけでもどんな音がするのか大方の見当はつきますし、今回ターゲットにしたギターもそういう意味では非常にオーソドックスなタイプだったので音的にはほとんど心配していなかったのですが、唯一ネックの形状だけは実際に弾いてみないことには自分に合っているかどうかわからないんですよね。んで今回はまさにそのネック形状が致命的なネックとなって残念ながら購入には至らなかった…というワケです。皆様、ご期待に添えず大変申し訳ありませんでした(笑)。

そこで、お詫び…といっちゃあナンですが、札幌のサウンドチェック時にまた今回のツアーで使用しているギターの写真を撮って来たので、それを載せてお茶を濁したい(?)と思います。


すとらと

5年前、ザ・トロフィーズを結成した時に購入したフェンダーカスタムショップのストラトキャスター。見た目はただのストラトですが、自分好みに色々と手を加えて松尾色に染めた、僕のメインギターでありんす。ザ・トロフィーズではライヴも録音もほとんどコレだけ。ウツさんの新曲「CROSS」と「Timesmile」のギターソロもやはりコレで録りました。もちろん今回のツアーでも要所要所で非常に良い働きをしてくれています。



さー

こちらはSuhr(サー)というまるで福原愛ちゃんの気合いみたいな名前のメーカーのストラトで、Classic Antiqueというモデル。これを作ったジョン・サーという人は、ギブソンやフェンダーといった有名メーカーを渡り歩いた後に自身のブランドを立ち上げ、今やギターのみならずアンプやらエフェクターまで全部作っちゃうようなスゴイ人なんです。で、このギターはとにかくビックリするぐらい抜群に弾きやすいんですよ。ネックはもちろん、ボディもパッと見はフェンダーと変わらないんだけど、持ってみるとフェンダーよりもさらに身体にピタっとフィットしてすごく持ちやすい。まぁその分お値段かなり高杉晋作wですけど、もちろん音も良いし、相当気に入ってます。向こうでは阿部さんがサウンドチェック中。



ちゃんこ

で、これはおまけ。すごかろ?


…ってなワケで、ありがとう札幌!!! 美味しかったぜ札幌~!!!

そして次は日本橋2DAYSだ!!!

寝た子を起こす…

つもりも、火に油を注ぐつもりもさらさらないけれど、今日楽器屋さんに行ってきましたw。が、お目当てのコはワケあって一度輸入元に戻したとかで店頭にはいませんでした。そこで「あ、そうですか、残念だな~。それじゃ」とすぐ店を後にすれば至極平和にコトが終わるであろうことは百も承知なのですが、そこはそれ、無いとわかると余計に見たい、弾きたいとなってしまうのが悲しい人の性。「1~2日ですぐ店に戻せますよ」という店員さんの言葉に思わず「あ、じゃあ、お願いします」と言ってしまったのでした(笑)。

ま、何はともあれ冷静になっていっぺん弾いてみるべ。ホントに欲しくなるかどうかはそれからだ。

 | ホーム |  次のページ »

プロフィール

松尾バンナ

Author:松尾バンナ
ロックバンド “ザ・トロフィーズ”
ギタリスト
http://www.thetrophyz.com/
http://www.myspace.com/thetrophyz

…だけじゃ現実的には少々モンダイもあるので、もっぱらいろんなアーティストの方のレコーディングやステージのお手伝いをさせていただいております。山羊座 O型 
なりすまし詐欺にご注意下さい!

天気

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。