2006/09
 123456789101112131415161718192021222324252627282930 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIVE at SHIBUYA TaU KITCHEN

toro1.jpg



toro2.jpg

スポンサーサイト

昨夜のライヴ

15分4曲はさすがに短かったな!もちろん状況が状況だけに仕方ないんだけど、個人的にはかなり消化不良気味です。あの場においてはメンバー4人の中でも僕だけがvisitorだったから、ちょっとヘンな気合いが入り過ぎちゃったかも。ま、それもライヴ、ですが。

大雨の降る中、遅いスタート時間、短い演奏時間にもかかわらずわざわざ聴きに来てくれた皆様、ホントにどうもありがとうございました。

ザ・トロフィーズ、次のライヴはまだ未定ですが、なるべく早めにやりたいな、と。

おしらせ

長崎は世知原から帰って来ました。会場は山の上だったから夜はもうずいぶん寒かったけれど、やっぱり大自然に抱かれて木々の薫りを感じながら演奏するのは季節を問わずとても気持ちの良いものです。風で譜面が飛びそうになるのにはいっつもハラハラしちゃいますけど(笑)。いいかげん何かカッコたる対策を考えねば。

ところで、お知らせ。遅くてスマン。
あさって26日の渋谷TaU KITCHEN、われわれザ・トロフィーズの出番はイベントいっちゃん最後のおそらく21時30分前後になる模様。一応ゲストとしてお呼ばれしてるんで時間はちょい短めの20分程ですが、それでもよかったらぜひ聴きに来てちょ。気合いだけはかなり入ってマス。

pass.jpg

いや~疲れた

一昨日、六本木STBステージ上にて繰り広げられた壮絶なる戦闘…

女王KOKIA率いるキリトモ国軍精鋭隊に単身全く勝ち目のない無謀な戦いを挑み、案の定敵の繰り出す三位一体となったそれは見事なくらしっく攻撃、特にイケメンスナイパー古川【都響首席チェリスト】展生の魔法の弓からこれでもかと放たれるスーパーチェロビームっ!!!にまったく手も足も出せず完膚無きまでに叩きのめされたあげく、戦闘終了後にはシオイリトシヤ隊長の捕虜となり都内某所の音楽捕虜収容所(スタジオともいう)に連行され深夜まで過酷なギターダビング労役を課せられたワタクシこそ誰あろう、戦場のギタリスト松尾【都立高校軽音楽部出身】バンナであります。

…あ、以上はもちろん冗談ですけど、マジできのうは昼過ぎまでベッドから起きあがれませんでした(笑)。

そして今日は長崎、世知原で女王様と一騎打ち。さあて、リベンジなるか!?

テンプレ変えれば

気分も変わる…ってなワケで、みなさまこの3連休はいかがお過ごしだったでしょーか?
お天気悪くてちょっと残念でしたけど、それでも僕は方南町でもんじゃ焼きを食べ、お茶の水で買い物をし、中野に呑みに行き、甥っ子たちとプロレスをして遊び、ウチで美味しい麻婆豆腐を作り…と、遠出こそしなかったものの実に楽しく過ごしてました。
明日(というか今日か)から月末まではなにやら結構忙しそうなので、頑張らねば。

写真はKOKIAさんのファンの方が描いてくれた松尾の似顔絵。
本人が言うのはヘンかもだけど、コレ、似てるよね!
とーっても気に入ったので、机の前の壁にPIN-UPさせてもらいました。
スピカさん、どうもありがとうございました。

photo.jpg

でも、ホント言うとクラプトンにはほとんど興味ないんだよね…あれ?禁句?(笑)

本文はともかく

気の利いたタイトル考えるの結構苦労するね…。

本日は久しぶりのトロフィーズリハ。

メンバー全員ココロの中で「誰か1人ぐらい今日がリハ日だってこと忘れてんじゃねーか?」と思ってたらしいが、遅刻者すらなく見事時間通りに集合。

また、

メンバー全員ココロの中で「誰か1人ぐらい曲すっかり忘れてんじゃねーか?」と思ってたらしいが、見事レパートリー全曲すんなり完奏。

やっぱこれがバンドだーね。

ザ・トロフィーズ、ライヴは今月26日。渋谷TaU KITCHENにて。

「テロと戦い続ける」

5年前自分で自分に掛けたこの呪文から未だ解き放たれず
自らを省みる能力を失ったか。

もしくは

心底戦争が好きなんだね。
きっと平和な世界はタイクツなんだろうね。

ついに

ミハエル・シューマッハが今シーズン限りでの引退を発表しました。
フェラーリの母国イタリアでのGPをキッチリと制した上の引退宣言はいかにも皇帝シューマッハらしい完璧なシナリオでした。

僕がF1に興味を持ちだした頃にはすでに圧倒的に強かったシューマッハ/フェラーリがとにかく大好きだったのですごく残念だけど、やっぱりイヤでも時代は変わっていく。

これでアロンソとのポイント差はわずか2点となって残すところあと3戦ですが、なんとか最後にもう一度ワールドチャンピオンシップを獲って有終の美を飾ってもらいたいモンです。

まだちょっと早いけど、ホントにお疲れ様でした。

勝手に期待し過ぎたか

今日は昼前から新宿で今話題の韓流怪獣映画(?)『グエムル』を観た後、帰りがけにスーパーで食材とその他細々とした買い物をして帰宅。夜はビール片手にすごく美味しいビーフカレーとサラダを作って食べました。以上、平和な一日。

…え?映画の感想?…聞きたいの?…じゃあ率直に端的に言っちゃうと

「決してつまんなくはないケド、満足感は得られない」

つーカンジかな。もちろんこれはあくまでごく個人的な感想ですので悪しからず。興味のある人はぜひ自分の目で確かめてみるベシ。

で、明日から島根県の出雲に行ってきまーす!
雨降ったらヤだなぁ。

白身がキモ!って知ってた?

ちょっと前になんとなーくTVを眺めていたら、とある番組で『美味しい卵焼きの作り方』つーのをやっていた。卵を焼き続けて今年で40年という達人の技を科学的に分析して、どうやれば冷めてもふんわりジューシーで美味しい卵焼きが作れるのかをコト細かく教えてくれていたのだが、それを
観てたら無性に自分でも作ってみたくなって、先日近所のホームセンターで卵焼き用の四角いフライパンを購入し、メモを片手に早速挑戦してみた。

一人暮らしのオトコでもゆで卵と目玉焼き、あとはスクランブルエッグくらいなら朝食とかで少なくとも一度や二度は作ったことあると思うけど、“だし汁”使った卵焼きって自分ではあんまり作らないよねぇ、普通。
料理が大好きでお弁当も毎朝必ず自分で作るっていう人(そんな人いる?)は作るか。どうなんだろ?まぁとにかく僕は生まれてこの方一度も作ったコトありません。正真正銘の初体験。さてどーなることやら…

…結果から言っちゃうと、初めてにしてはそれほど悪くない出来でしたよ。自分で言うのもナンだけど。

そりゃなんてったってその道40年の達人をして「いまだ完璧なモノは出来てない」と言わしめるぐらいシンプルだけど奥が深い料理なんだから、ポッと出のトーシロがいくら額に汗してガンバってみたところでそうそうカンタンにはいかんわな。

菜箸を上手く使ってフライパンの奥から手前に巻くのがすごく難しいからカタチは悪いし、巻くのに手間取ってるもんだから焼き過ぎて表面かなり濃いめのキツネ色になっちゃっててキレイじゃないし、ちょっとマズそう。

でもね、なんとか作り上げていざ食べてみるとこれが以外にイケてたのよ。どうやら、初挑戦だけに出来るだけレシピ(?)に忠実に作業してたつもりなんで、色とカタチは悪くても一番重要なポイントである

【目の細かいスポンジ状の卵焼きにだしをしっかり含ませて逃がさない】

はなんとなくクリアしてたようなんだな。外側はしっかり弾力があって、噛むとだしがジワっと口の中に広がって…うん、なかなかオイシイぞ。

これから秋の行楽シーズンだし、もうちょっと練習して上手く出来るようになったら、お弁当作って紅葉を愛でにドライブでも行こうかな。

おっ、なんかイイかも。

何はともあれ

おめでとうございます!ですね。
とにかく母子ともにご無事で何よりでした。

もちろんご両親にしてみれば生まれてくる我が子が男であろうが女であろうが同じように嬉しいものだとは思いますが、ソコはソレ、われわれ一般人とはちょいとばかし立場が違いますしね…。
“男児”誕生の一報を聞いてホッと胸を撫で下ろした人が各方面にそれは数多くおられるのでしょうね。

個人的には、この吉報が良薬となって長く病に苦しまれているお義姉さんが少しでも早く全快されるといいのになぁ…と思っております。ほんのちょっとココロが楽になったりしないかな?わからないけど。

でも、ホント、よかった。

夏よさらば

9月に入って朝夕だいぶ過ごし易くなってきましたね。すごく嬉しい。

冬生まれだから…ってワケじゃないとは思うんだけど、僕は暑いのが大の苦手で、そのくせエアコンの風もやっぱり好きじゃないので、夏の間はどうしても夜の眠りが浅くなって寝不足ぎみになっちゃうんだよね。で当然のごとく昼間もなんかイマイチ動きが悪い。

だから、開いた窓から入ってくる外気がひんやりと感じられ、夜ぐっすりと眠れるようになる今頃の時期になると心の底からホッとします。去りゆく夏なんてこれっぽっちも惜しまない。
「やれやれ、今年もやっと鬱陶しい夏が終わったか」ってカンジで。あ、夏好きな方、ゴメンなさい。

しかし、若い頃は「夏はキライだ」なんて言うとそれだけで周りからネガティブなヤツだと思われそうでなかなか口に出せなかったけどね。特にオンナのコの前では。やっぱトシですか、そーですか(笑)。

 | ホーム | 

プロフィール

松尾バンナ

Author:松尾バンナ
ロックバンド “ザ・トロフィーズ”
ギタリスト
http://www.thetrophyz.com/
http://www.myspace.com/thetrophyz

…だけじゃ現実的には少々モンダイもあるので、もっぱらいろんなアーティストの方のレコーディングやステージのお手伝いをさせていただいております。山羊座 O型 
なりすまし詐欺にご注意下さい!

天気

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。