2006/10
 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライヴのお知らせ

先日のKOKIAさんSTBライヴでも本当に素晴らしいギターを聴かせてくれた友人の遠山哲朗クンが、来月11月の15日(水)、新宿にある“ミノトール2”というライヴハウスでセッションライヴを行います。

この遠山クンという人は、とにかくギターがメチャクチャ上手いです。それはもう超ビックリです。クラシックからスパニッシュ、ジャズ、ポップス、ロックととにかくありとあらゆるジャンルをラクラクと完璧に弾きこなしてしまいます。しかもなんとまだ20代という若さです。その上とてもオシャレなイケメンで、おまけに乗ってるクルマがまたコレ…あ、それはまぁイイか(笑)。間違いなく当代若手NO.1、さしずめギター界のサラブレッド、ディープインパクトといってもいいような凄いギタリストなのです。いやマジですよ、これ。僕が言うんだから間違いありません。ウソだと思う人は、ココ(遠山クンのブログ)のプロフィール欄に書いてある、彼がこれまでに携わったそうそうたるアーティストの方々の名前を見てどうぞブッ飛んじゃって下さい。イスから転げ落ちて後頭部を痛打して鼻血のひとつも出しちゃって下さい。わはは。

んで、その遠山クンが、彼と一緒に先日のKOKIAさんライヴでこれまた素敵なベースを奏でていた盟友、竹下欣伸さん(元クライズラー&カンパニー)と、こちらもKOKIAさんファンの方にはおなじみのドラムス松原寛さんとともにどうやらイロイロと演っちゃうらしいんです。

お時間ある方はぜひ、若手NO.1ギタリスト遠山哲朗クンの『すごくスゴイ』ギタープレイを堪能しに、新宿“ミノトール2”まで足を運んでみて下さい。よろしく!
スポンサーサイト

ハムリンズも大喜び

いや~感動した!思わずもらい泣きしてしまいました。

おめでとう北海道日本ハムファイターズ!!!
そして、SHINJO選手、ホントにお疲れ様でした!



相方を紹介します〈Vol.1〉

あ、でった!ギター弾きのブログ、困ったときはコレだ!の楽器ネタ(笑)。かなりマニアック(オタク?)な内容ですので、一般の方には決しておススメしません。

あ、そーいえば今日は“のだめ”の日だ!

いまだシトシトと雨が降り続いておりますねぇ。ちょいと寒いし。

さて、昨夜は六本木にあるスイートベイジルというなんともコジャレたライヴハウスにKOKIAさんというアーティストのライヴを観に行ってきました。


…なんちゃって(笑)。

あら?

朝起きたらいきなりフォントが変わっていた。何故だろう?
シロートの僕にどなたか原因を教えてくれませんか?

これ、なんかあんまり好きじゃないんだけど。

…って言ってたら今日もまた変わってるのね…。
うーむ、僕の知らないところで一体なにが起きているんだろーか????
ちょっとコワい。

あ、でもこっちの方がスキですけど。

地球上でいちばん好きなバンドは?

って訊かれたら、これはもう即座に、これっぽっちも迷うことなく

LED ZEPPELIN

って答える。

16の頃からずーっと聴いてて、いまだに聴いてる。もちろん今日も聴いた。
でも、ぜーんぜん飽きない。それどころか、聴けば聴く程ますます好きになる。
1曲1曲の、1音1音のスゴさが身に滲みる。

最近は『PRESENCE』をよく聴いてます。ジミー・ペイジのストラトってあんなにいい音だったんだね!

ちなみに“かずくん”と呼ばれてます

…と言うワケで上戸彩ちゃんとの束の間の逢瀬(?)もアッという間に終わりました。ひとまず忘れ去られてはいなかったようでホッとしたものの、開口一番「あれ?ちょっとマルくなったぁ?」と言われてかなりショック(笑)。1年振りに会った彩ちゃんは相変わらずベリベリ可愛く、明るく、元気な彩ちゃんでしたが、今回はそれに加えてナンと言いますか…全身から漂う女優さんとしての“貫禄”のようなものを傍にいてとても強く感じました。TVドラマの撮影で行っていた上海から戻ったばかりで、数日後には再び中国に向かうと言ってましたが、身体に気をつけてこれからもますますガンバってほしいものです。また一緒にできるといいな。

彩ちゃんと再会

今日はこれから上戸彩ちゃんに会いに行ってきます(もちろんお仕事で)。

彼女と会うのは昨年参加した夏のツアー後、10月の初めに行われたバースデイ・パーティー以来だからちょうど1年振りになるのかな。まぁもっともコチラはTVで毎日必ず見てるんだけど(笑)。

さすがに忘れられてはいないと思うが…ちょっと心配 (^_^;)。でも久々の再会はとても楽しみです。

飼育係になりたかった

小学生の頃『僕の動物園日記』というマンガが大好きでした。

上野動物園で働く一人の新米飼育係が、動物たちとのふれあいや園内で起こる様々な出来事を通して色々なことを学び、人間的に成長し一人前になっていく姿を描く実話に基づいた物語で、当時の僕は毎日それを読み返しては「自分も将来は動物園の飼育係に」と本気で思っていました。主人公と同じように僕も人間として大切なことをそこからたくさん学んだし、子供だった僕に初めて“職業”というものを意識させてくれた、とても思い出深いマンガです。

その主人公のモデルである、「カバ園長」の愛称で親しまれていた元東武動物公園長の西山登志雄さんが9日に亡くなられました。

西山さんとはもちろん一面識もありませんが、謹んで心よりご冥福をお祈りさせていただきます。

想えば遠くへ

美弥ちゃんライヴも無事終わりました。まだ若くてステージの経験も少ないだけに本人ちょっと緊張気味でしたが、終了後には「楽しかった~!」と言っていたのでひとまずよかったかな。頭の良いコなので自分なりに課題をたくさん見つけたでしょうから、ひとつひとつクリアすべくガンバって努力してほしいと思います。あせらずにね。
僕も時間さえ合えばぜひまたお手伝いさせてもらいたいと思ってますので、そのときはヨロシクね、近藤さん。

そうそう、昨日は美弥ちゃんの他に出演した2組のアーティストもホントに素晴らしくて、かなりトクした気分でした。ギターを掻き鳴らしながら一生懸命何かを伝えようとする彼らの姿を見ながら、自分がいつの間にか無くしてそれっきり忘れてしまった二度とは手に入れることのできない大切な宝物を思い出したような気分になって、アタタカクもありつつなにやらほんの少しだけ寂しいココロを抱いておぢさんは一人家路に就いたのでありました。はは。

が~ん!

ミハエル止まっちゃったよ~!ショックすぎ。

…と、思わずリアルタイムで書いてしまいましたが、F1に興味ない人にはまったくなんのコトかわからんフレーズでしたね。すんません。

旧友と飲む

台風一過で今日の東京はイイ天気ですな。風はちょっと強いみたいだけどね。

昨夜は新宿にて小中学校時代の友人たちとの飲み会に参加。なんか結構盛り上がって楽しかったな。えらくテンション高い中年男女の集団は他人の目にはずいぶんとヘンなヤツらに写ってたと思うが(笑)。

考えてみりゃ生まれてこの方40数年の中で接点はたった3~9年程度しかないし、当然ながら現在はみんなそれぞれが違った世界で違った人生を生きてるわけなんだけど、ああやって集まるといっきなりなんの違和感もなくあの頃に戻れちゃうところが不思議。でも、イイよね。

それでも20代30代の血気盛んな頃は、そういう場にもなんつーか「オレぁ今こんなに頑張ってるぜ!」「バカヤロ、オレだって負けてねーぜ!」「アタシってこんなにシアワセなの!」的なビミョーな緊張感があったりして若干居心地が悪い思いをしたコトもあったけど(もちろんお互い様ですが)、なんかもうそーいうトゲトゲもすっかりとれちゃって「んで、どーよ?」「ま、ボチボチ」的な、ユルめでピースフルなカンジがヒジョーに心地良かったです。

>ゆうべ集まった僕の大切な友人のみなさま

昨夜はとっても楽しかったです。あんまり楽しすぎてちょいと飲み過ぎちゃいました。
ま、いつものコトなんですが…ゴメンなさい。
声をかけていただいてホント、感謝してます。
どうもありがとうございました。

ぜひまた飲りましょうね。

“しょうろんぽう”は変換してくれないのね

今日は午後から友人の近藤“aquio”昭雄氏の自宅スタジオにお邪魔し、氏がプロデュースするヴォーカリスト、美弥ちゃんのライヴ用リハーサルに参加。
この“にゃーごや”生まれの近藤という人物、音楽プロデューサー/作曲家/アレンジャー/マルチプレーヤー/カメラマン/PV監督/映像作家/音楽雑誌ライターなど数々の肩書きを持つ超多才な人なのだが、その上になんと吉祥寺駅にほど近い商店街のド真ん中にテナントビルまで所有しているちょっとしたセレブである。
RH終了後は近所の中華やさんで肉汁たっぷりのとびっきり美味しい小籠包とビールでカンパイ。
ちなみに美弥ちゃんライヴは10月9日体育の日、恵比寿天窓.switchにて。とてもキュートな女の子です。お時間があれば是非。

miya.jpg

ここ、ど~こだ?

tot2.jpg

はい、正解。言わずと知れた東京ディズニーシーの新アトラクション“TOWER OF TERROR”の前であります。ありがたいことにある方よりパスポートを頂いたので、土曜日に朝5時起きして行ってきました。ちなみにシーの方は初めて。8時の開園と同時に入って夜10時の閉園まで、気合い入れてまるまる1日とことん遊び倒してやりましたが、いや~楽しかった!…けど、歩きすぎて文字通り足が棒になってしまい、いまだに右足首が少々イタイっす。

 | ホーム | 

プロフィール

松尾バンナ

Author:松尾バンナ
ロックバンド “ザ・トロフィーズ”
ギタリスト
http://www.thetrophyz.com/
http://www.myspace.com/thetrophyz

…だけじゃ現実的には少々モンダイもあるので、もっぱらいろんなアーティストの方のレコーディングやステージのお手伝いをさせていただいております。山羊座 O型 
なりすまし詐欺にご注意下さい!

天気

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。