2007/01
 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリの灯は遠く(巴里旅行記その2)

アメリカと違ってちょっと拍子抜けするほど簡単な入国審査と荷物を受け取った後の税関検査をなんなくクリアし、ともかくこれで無事フランスへ入国である。その昔仕事でロスやハワイにしょっちゅう行ってた時はここまでで必ず誰か1人や2人は別室に連れて行かれて長々と取り調べを受けていたものだが、それにしてもギターケースすら開けさせられずに済んだのには驚いた。
ヨーロッパの空港らしく静まりかえったロビーに出ると、そこには今回のコンサートの主催であるParis Visual Prod.のジュリアンとその仲間達が迎えにきてくれていた。僕と澤近さんはニコというちょっとハリー・コニック・Jrに似たイケメンの若者が運転する白いマニュアル(!)のメルセデスに乗り込み、市内へと向かう。
スポンサーサイト

Bon Voyage!(巴里旅行記その1)

22日の13時過ぎに飛行機が成田に着陸し、なんだかんだで帰宅したのが17時前。ここでなんとか夜中ぐらいまで起きていれば帰国後の時差ボケもそう酷くはなるまい…と思ってガンバってはみたものの、夕食を済ませて風呂に入ったとたんに物凄い睡魔に襲われ、耐えきれなくなってベッドに倒れ込んだのが21時。そしたら案の定夜中の2時にはぱっちりと目が覚めてしまい、仕方なく1時間ほどメールやらなんやらやって再びムリヤリ寝たのが3時。そしたらナンと!あろうことか次に目を覚ましたのは成田から送った荷物を宅配業者が持ってきたお昼の11時…おいおい、そりゃいくらなんでも寝過ぎだろ…というワケで、時差ボケの“じ”もなく快調そのものの松尾であります。ま、考えてみりゃ日本に居たって毎日が時差ボケみたいな生活をしてるんだから当たり前っちゃあたりまえですか。わはは。

さてさて、今回のKOKIAさんフランスツアー、ご本人はもちろんのこと何人かのファンの方達もそれぞれのBlogで素敵なレポートを書いておられますが、そうとなったらこの松尾も負けじとコト細かく書かねばならんでしょう。さあ書くぞ!ただし、わたくしフランスという国に関する知識はほとんど全く持ち合わせておりませんので、ともするとトンチンカンなコトを書くかもしれませんが、そこは「う~む、なかなかespritの効いたヤツだ」と何卒笑ってお許し下され。

 | ホーム | 

プロフィール

松尾バンナ

Author:松尾バンナ
ロックバンド “ザ・トロフィーズ”
ギタリスト
http://www.thetrophyz.com/
http://www.myspace.com/thetrophyz

…だけじゃ現実的には少々モンダイもあるので、もっぱらいろんなアーティストの方のレコーディングやステージのお手伝いをさせていただいております。山羊座 O型 
なりすまし詐欺にご注意下さい!

天気

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。