2007/10
 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モードチェンジ

No! Galersライヴの余韻に浸るのも束の間、本日はこれから渋谷DESEOにてザ・トロフィーズのライヴであります。8月終わりの“ギリギリ祭り”以来約2ヶ月ぶりのライヴはリハーサルの時間がどーしても取れなかったためほぼブッツケ本番となりますが、来月3日のバンドサミット決勝@横浜に向けての前哨戦として気合いを込めて臨みたいと思っておりますので、皆様よろしかったらゼヒ。出番は20時過ぎあたりを予定しておりまーす(^_^)v。
スポンサーサイト

No! Galersから

すべてのひとへ…

1027intro.jpg

やっぱりかっ!

明日は雨のようですな。しかも台風でやんの。

まぁ考えてみりゃ明日の出演者にはザ・トロフィーズのメンバー全員含まれてるんだからそう驚くコトもないか。

さて、楽器の準備もできたし、明日は楽しくなりそうだーっ!

“中野周一、叩いて叩いて30年。パイステ・ポイステ・バチ当たり人生!”

17時30分より東放ミュージックカレッジ内クロスロードホールにて。

No! Galers再結成ライヴ、観る価値アリだと思います ☆⌒(*^∇゜)v。

No! Galersの

最終リハも本日無事終了。

マジ楽しい。

…けど

かなり疲れる(笑)。

ま、それはさておき他にもイロイロやってまして、とりあえず大阪へ行って来ました。

秋の夜

二胡の調べに酔ってみる?

20071020112341.jpg

見目麗しきこちらのお方はいったいドコのドナタかと申しますと、7月の『海鳴りの詩』という舞台でご一緒した二胡奏者の野沢香苗嬢。ソロアーティストとして全国飛び回って各地の美味しい物を食べながら(笑)精力的に演奏活動を続けておられる“おっとりパワフル”な才媛です。実は来月11月14日に赤坂で行われる彼女のライヴに悪友の近藤 “aquio”昭雄氏とともに参加させていただくことになりまして、昨日は吉祥寺の近藤邸にてリハーサル。

No! Galersは

あたりまえのようだがやっぱり間違いなくバンドだった。本日リハ3日目。


20071017221143.jpg


20071017221227.jpg


20071017221211.jpg


とにかく楽しい。


20071017221635.jpg

おまけ。リハ終了後Denny'sにて、デニーズカードを手にご満悦の岩金マンことすみよしあたる。

No! Galersだっ!

10・27 TMC CROSSROAD HALLに向けてのリハ、昨日2日目。
やっとメンバー全員揃った。

やっぱ楽しい。

キムラ・ケンについて

KEN.jpg


昨夜は清木場俊介くんツアーが終わって一段落の木村KENちゃんと渋谷で待ち合わせてごはんを食べる。No! Galersの譜面のやりとりなんかもあったもんで。KENちゃんとは時折こうして会ってギター談義に花を咲かせたりするんだけど、彼は大酒呑みの松尾とは違って外見に似合わずお酒をまったく受けつけない体質なので、目の前で次第に酔っぱらっていく松尾の姿をツマミにウーロン茶とかオレンジジュースをちびちび飲みながら延々と続くザレ言を嫌な顔ひとつせず聞いてくれる。だから食事代をワリカンにするのが申し訳ないなーといっつも思うんだけど、KENちゃんは昨夜もまた例によってきっちりワリカンにしてくれ、おまけにウチまでクルマで送ってくれた。ホントにどうもありがとう。いつもいつも甘えてばかりですいません<(_ _)>。

…と、このようにキム兄(清木場くんの現場ではこう呼ばれているらしい)はとてもやさしく頼りガイのあるナイスガイなので、彼と出会った人はアーティストだろうがスタッフだろうがフツーのヒトだろうが犬だろうが猫だろうがキンギョだろうが全員マチガイなく彼のことが大好きになる。その証拠に昨夜のお店でも我々の席に料理やお酒を運んでくれる若い女のコが、来るたびにそれは見事なまでに松尾をシカトして彼だけをじーっと見ているので、ためしに「もしかしてこーいうのがタイプなの?」と訊いてみたら間髪入れずに思いっきり「ハイ!」と答えやがった (; ̄Д ̄)。ま、そのキモチはわかるので別に腹もたたんが(笑)。

KENちゃんとの付き合いももう随分長くなる。いろんな思い出もそれはそれは数え切れないほどた~くさんある。L.A.では一緒に巨大なUFOをほんの間近で目撃したことだってある(これホント)。いまや人気、実力兼ね備えたギタリストとして不動の地位を築いたKENちゃんですが、おたがい死ぬまで弾いちゃるヒト同士、これからも変わらぬお付き合いをなにとぞヨロシクお願いいたします!!!

20071012224352.jpg

帰りがけ。松尾はすっかり酔っぱらっているのでブレブレでございます。KENちゃんファンの皆様、すまぬ。

真夜中、突然に…

なんと、ザ・トロフィーズのライヴが決定しちまいました!

今月10月の29日(月曜日)、渋谷DESEOにて。
詳しいことはまた後日。

あと、昨日から【Tokyo Band Summit 2007】のHPで我々ザ・トロフィーズの映像が観られるようになりました。こっちもよかったらチェックしてみてくだしゃい。

きょうは文字どおりのコネタだな(笑)。

原点回帰

自らが掲げた10月のスローガン“コマメにコネタ”ですが、いまんとこまぁその通り更新は順調に進んでおりますな。コメントも多数いただきまして誠にありがとうございます<(_ _)>…それでは、今日のコネタ…というにはちと長いハナシ。

20071008211949.jpg

じゃん!!!このアルバム知ってます?KISSがデビュー翌年の1975年に発表した名盤中の名盤『地獄の狂獣/キッス・アライヴ!』です。なんだか突然無性に聴きたくなってちょっと前に買ってきたんだけど、以来現在進行形でかなりハマっております。実は、まったくもってゴキゲンなこのアルバムこそが間違いなくギタリスト松尾バンナの原点なのでありんす。

気分爽快

今夜はついさっきまで泣きっぱなしでいささか目が腫れております。いえ、別に悲しい出来事があったワケじゃなく、ただTVを観てただけなんですが(笑)。まずは「オーラの泉」に出演していた寿美花代さん(高島忠夫の妻にして高島兄弟の母。あたりまえ)の、想像を絶する悲しみや幾多の苦難を乗り越えてきた人間の強さと、母親という生き物の“業”さえも感じさせるその言葉ひとつひとつの重みに感動してナミダ(T_T)。そして弛んでいた涙腺をその後の『フラガール』でさらに刺激されて、テーブルの上にはみるみるうちにティッシュの山ができてしまいました。でも、こんなナミダならたまには良いですよね、精神衛生上(^_^)。

自戒を込めて

さてさて、昨日の“水の音vol.11”@渋谷O-WESTはいかがだったでしょうか?期待のルーキー、ハート型サウンドホールのゼマグレくんにとっては実質的なデビュー戦(先月のKATSUMIさんライヴではアンコールでちょこっと使っただけだから)でもあったワケですが、なかなかイイ感じで鳴ってくれたのではないでしょうか。もちろん百戦錬磨のMartinに比べれば1音1音の深みやしなやかさはまだまだ足りないけれど、ジャンボボディならではのダイナミックさがあるし、なによりMartinやTaylorのようなアメリカンギターとはまたひと味違ったブリティッシュ(日本製だけどw)なルックスが松尾はかなり気に入ってます(ちなみにKOKIAさんもお気に入りです)。

ま、それにしてもだ、KOKIAさんもMCでちょっと触れてたけど、昨日の楽屋はホンットに酷かった 。正確に言うと“楽屋が”じゃなくて、誰とはいわんが一緒に楽屋を使っていた某アーティスト&バンドのマナーがそれはもう酷かった。初対面の他者がいようがお構いなしの喫煙マナーもそうだが、部屋中のテーブル全部占拠して荷物やら飲みかけのジュースのビンやらカンやら散乱させてたりね。おそらくドコへ行ってもひろ~い楽屋をあてがわれて自由に使ってた頃の名残なんだろう。ま、誰とはいわんけど(笑)。

他者に対する思いやりを持てない人に良い音楽などできるはずがない…と、個人的には強く思います。もちろん自戒を込めて。

そして松尾はNo! Galersモードへ突入。

コマメにコネタ

10月に入りました。先月は不本意ながらも“ブログ月間更新回数最低記録”を更新(?)してしまったので、今月は“コマメにコネタ”というカンジでなるべく頑張りたいと思っております。

昨日はおなじみ木村のケンちゃんを始めとする友人ミュージシャンがこぞってサポートを務める清木場俊介くんのライヴを観にお台場はZEPP東京へ。それはそれは見事なまでに完璧な出来のライヴでした。

P1010158.jpg

これは帰りのクルマの中からの写真。決して前のタクシーの運ちゃんが窓から吸いがらを捨てたから撮ったワケじゃなくて(ライヴのMCネタ。ここで書いても誰もわからんな)、ピンクリボンキャンペーンのためきれいなピンク色にライトアップされた東京タワーを撮りたかったんだけど、いかんせんタイミングが(^_^;)…みえるかなぁ?

んでもって今日は午後からKOKIAさん宅で明日のライヴのためのリハーサル。複数アーティストによるライヴイベントに出演するのも久しぶりのような。出番は最後でちょっと遅めの時間だから、リラックスして楽しくやりたいですね。

 | ホーム | 

プロフィール

松尾バンナ

Author:松尾バンナ
ロックバンド “ザ・トロフィーズ”
ギタリスト
http://www.thetrophyz.com/
http://www.myspace.com/thetrophyz

…だけじゃ現実的には少々モンダイもあるので、もっぱらいろんなアーティストの方のレコーディングやステージのお手伝いをさせていただいております。山羊座 O型 
なりすまし詐欺にご注意下さい!

天気

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。