2017/10
 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲司、ふたたび

さっきソファでなんとなくギターを弾きつつ4年前のギターマガジンの大村憲司さん特集(この記事だけのために保存してある)を読んでいたら、まさに今日11月18日が9回目のご命日だったのでものすごくびっくりした。

20071118164131.jpg

ギタマガの記事によると憲司さんは昔からいろいろと考え込むタイプで、どちらかというとアップダウンの激しい人だったようですが、30代半ばの迷いの時期を経て『40代に入ってからは、円熟味とともに音の切れ味や深さにどんどん磨きがかかった』(記事より抜粋)ということで、腕はもちろん比べものにならないにせよコト性格的には割と同じようなところがある松尾は、ちょっとココロに迷いが生じた時にこの記事を読み返して…なんというか…「ヨシ、まだまだがんばろう!」と勇気(若干違うかも知れないけど)をもらうのです。

憲司さんのギター、正直なところ若い頃はあまりピンとこなかったんだけど、トシを重ねるごとにどんどん好きになってきました。
松尾にとってのパーソナルベストは矢野顕子さんの『また会おね』という曲のギターソロ。シンプルだけれど曲と歌詞にこの上なくピッタリはまった涙、ナミダの名演です。

『あるミュージシャンは言う。憲司はギターを持ったサムライだと。いつどんな時でも誇り高くプレイし、音に美を求めた。そのギターからは気品と歌心がこぼれ落ちた。』(記事より抜粋)

肝に銘じて弾き続けます。合掌。
スポンサーサイト

« ライヴですよ~! | ホーム |  ウコン買っていこ »

コメント

この記事へのコメント

昔NHKの「THE RECORDING」?というセッション番組で初共演のCharのギター見て「これいいなあ」ってシャイに言ってたの思い出したあな~。ホント素晴らしいギタリストでしたね。

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://banna.blog54.fc2.com/tb.php/167-415a5796

この記事へのトラックバック

 | ホーム | 

プロフィール

松尾バンナ

Author:松尾バンナ
ロックバンド “ザ・トロフィーズ”
ギタリスト
http://www.thetrophyz.com/
http://www.myspace.com/thetrophyz

…だけじゃ現実的には少々モンダイもあるので、もっぱらいろんなアーティストの方のレコーディングやステージのお手伝いをさせていただいております。山羊座 O型 
なりすまし詐欺にご注意下さい!

天気

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。