2017/06
 123456789101112131415161718192021222324252627282930 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリのパーカッショニスト(その1)

個人的に今回のフランスではとにかく演奏そのものに最大限集中したかったので、23日の本番終了まで空いている時間はほとんどホテルの部屋に籠もって“弾き込み”をしておりました。まぁ暖冬だったとはいえ昨年の1月に比べてもケタ違いの寒さと雨はもちろん雹まで降ってくる悪天候で、3月だからとタカをくくって薄物しか持ってこなかった松尾はとても外に出る気にならなかったというのも大きな理由ですが。

だから今回は写真とかあんまりないんだけど、とりあえずいろいろ載せてみる。まずこれが引き籠もってたホテルの部屋。落ち着いたインテリアでとても居心地の良い部屋でした。

部屋

二日間のKOKIAさんフランス公演は言うまでもなく大盛況のうちに無事終了。“弾き込み”効果もそれなりにあったようでよかったよかった。

翌日は帰国のためホテルを出発するまで少し時間があったので、朝早めにチェックアウトして荷物をフロントに預け、自身今回が初ヨーロッパとなるパーカッションの山本“ピースケ”氏と、案内役を買って出てくれた“たまたまパリにいた”サカモトさんという女性(PAエンジニア勝田氏の後輩)と3人で連れ立って街へ出る。

ぴいすけ初

あいかわらず美しい街並み。手前はピースケさん、向こうがサカモトさん。

セーヌ

オルセー

すごい雲でしょ?この日はホント耳がちぎれるほど寒かったっす。去年はルーヴルに行ったので今年はオルセー!と寒空の下セーヌ沿いを必死に歩いて行ったにもかかわらずなんと復活祭で休館。残念…(T_T)。

レストラン

お腹が空いたのでお昼ご飯を食べようとレストランの並んだ一角へ。どれもオシャレな店構えで迷ったあげく赤いお店へ。トマトとバジルのスープと牛の頬肉の煮込みをいただきました。もちろん赤ワイン付きで。すごく美味しかったよ~!

ピーと坂本

ピースケさんとサカモトさんと…イヌ(笑)。すごく良い雰囲気でしょ?この店のテントもカワイイよね。

この後ピースケさんがどーしても買って帰りたい物を探してみんなでもう一歩き。それはいったい…?

…TO BE CONTINUED(やっぱり続くんかい!)
スポンサーサイト

« パリのパーカッショニスト(その2) | ホーム |  なにはともあれ »

コメント

この記事へのコメント

ぉお 華の都や…

おつかれさまでした

今回『usaghi』も素晴らしかったのですが、『安心の中』での松尾さんが一番カッコ良かったです!
4月の公演も楽しみです♪

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://banna.blog54.fc2.com/tb.php/203-a519fcc4

この記事へのトラックバック

 | ホーム | 

プロフィール

松尾バンナ

Author:松尾バンナ
ロックバンド “ザ・トロフィーズ”
ギタリスト
http://www.thetrophyz.com/
http://www.myspace.com/thetrophyz

…だけじゃ現実的には少々モンダイもあるので、もっぱらいろんなアーティストの方のレコーディングやステージのお手伝いをさせていただいております。山羊座 O型 
なりすまし詐欺にご注意下さい!

天気

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。