2017/10
 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折にふれたので

我が家の土曜夜9時といえばTBSの「世界ふしぎ発見!」と相場が決まっているのですが、今日観てたらたまたま先日アイルランドで連れて行ってもらった世界遺産、ボイン渓谷のニューグレンジという遺跡が取り上げられていたので、これは良いタイミング!とばかりに写真載っけてみます。

全景

これがケルト民族よりさらに前、およそ1万年前にアイルランドに住んでいたダーナ神族という人々が約5200年前に建てたという人類最古の建造物、ニューグレンジ。古墳というのが通説でガイドブックやパンフレットにもそう書いてあるのですが、ここをお墓として使っていたのは後のケルト民族で、ダーナ神族はどうやら違う目的で建てたらしい…と番組で研究者の人がミステリーハンターの重鎮、竹内海南江さんに力説しとりました。

入口

ここが墓室への入口。入口石に彫られた円い模様が見えますかね?毎年冬至の日に朝日がこの入口から真っ直ぐ墓室の一番奥まで射し込むのです。ガイドさんと一緒にせまーい通路を通って墓室内にも入りましたが、何トン何十トンもありそうな巨大な岩からほんの小さな石までがそれは見事なバランスで積まれた驚くべき部屋でした。5000年も前にこんなものいったいどうやって創ったんでしょうかねぇ。う~む、まさにミステリー。

外壁

ちなみにきれいな外壁は修復されたもののようですが。

景色

ニューグレンジを背にして観たまわりの景色は見渡す限りこんなカンジ。これがまたスゴイ!まさに絶景でありました。めったに出来ない貴重な経験をさせてもらって、正直なんかスゴく不思議な気分…「オレ、なんでいまココにいるんだ?」…ってカンジになりました。

ダブリン壁

おまけ。ダブリンの街にあるアイルランド出身の有名アーティストが飾られた“WALL of FAME”。ロリー・ギャラガー、フィル・ライノット、シネイド・オコナーetc…そしてやっぱりU2がいちばんデカいね。今となってはちょっとダサイ写真だけど(笑)。

スポンサーサイト

« ストラト弾きの戯れ言 | ホーム |  ここ数日 »

コメント

この記事へのコメント

WALL OF FAME

真ん中の一番下は、フィル・ライノットですね!
カッコええなぁ。

遺跡も素晴らしいけど周囲がまた絶景だね!人類ってすごいなぁ。

ありがと!

>ギネスさま

そうそう!
カッコええのよ!

>下やん

そうそう!
すごいのよ!

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://banna.blog54.fc2.com/tb.php/330-7179ae50

この記事へのトラックバック

 | ホーム | 

プロフィール

松尾バンナ

Author:松尾バンナ
ロックバンド “ザ・トロフィーズ”
ギタリスト
http://www.thetrophyz.com/
http://www.myspace.com/thetrophyz

…だけじゃ現実的には少々モンダイもあるので、もっぱらいろんなアーティストの方のレコーディングやステージのお手伝いをさせていただいております。山羊座 O型 
なりすまし詐欺にご注意下さい!

天気

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。