2017/04
 123456789101112131415161718192021222324252627282930 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相方を紹介します〈Vol.1〉

あ、でった!ギター弾きのブログ、困ったときはコレだ!の楽器ネタ(笑)。かなりマニアック(オタク?)な内容ですので、一般の方には決しておススメしません。

20061025220147.jpg

コイツはたしか1995年に“フツーのストラト”が欲しくなって購入したフェンダーカスタムショップのストラトキャスター。Candy Apple Redのマッチングヘッドは当時ちょっと珍しかったような。実は付き合いが長い割に使用頻度はそれほど多くなかったんだけど、ここ数年で楽器の好みが結構ガラッと変わったので、長い日陰の身を耐え続けた甲斐あって晴れて現在ではほぼメインの座に。最近はお仕事お部屋を問わずいっつも弾いてます。ゆ~っくり時間をかけて愛を育んできた…とでも言いましょうか(笑)。

パーツ変更などはもういっぱいしてます。ナット、フレットはもちろん、ペグも6月に突然壊れちゃったから替えたばっかりだし、PUも2回程載せ替えました(今はヴァンザント、その前はリンディ・フレイリン。ちなみに元々のヤツは現在JACK葛西センセのストラトに載ってます)。おまけに実はトラスロッドまで一度入れ直してるんだよね、コレ。

20061025220217.jpg

でも、なんといってもいろんな意味で一番大きな変更はこのネーム入りのアルミアノダイズドピックガード。これは神田にある某ストラト専門店にオーダーして作ってもらったモノで、ボディの赤とアルミのシルバーと白いプラスチックパーツのコンビネーションがすげーCOOLだ!と自分では思っとるのですが、どう?

20061025220237.jpg

ネームはレーザーカッターで抜いてあるから下地の赤が見えててカッコイイ。こんなややこしいフォントでもすごくきれいに出来るんだよね。実際どうやってるのかはまったくワカラナイけど、その技術にはかなりビックリ。

そして見た目もさることながら、コレつけたら音も思いっきり変わりました。まあ当然っちゃあ当然ですが、ジャキっとした金属的な響きが加わって、およそ“フツーのストラト”とは言い難い音に。正直最初はちょっと違和感あったんだけど、徐々に慣れてきたらその独特な響きがすごく好きになりました。ソレってよーするに他のでは決して出せないコイツだけが持つ個性っていうことだから。

こーやってワリとお気楽に雰囲気変えて1本で何度も楽しめちゃうところはストラト(というかフェンダー)の大きな魅力の1つだと思う。イイ意味での存在の軽さっつーか、あるいは「ワタシあなたに嫁いだのだからあなたの好きな色にどんどん染めて下さい(はぁと)」的なカワイさね。これがギブソン家のヒトビトだと畏れ多くてなかなかこーはイカナイ。ヘタなコトでもしようモノなら「いちおうアナタとケッコンしましたけど、あくまでもワタシはギブソン家の人間(?)なんですから、家柄を傷つけるようなあんまり恥ずかしいコトさせないで下さいね!」とか怒られちゃいそうな気がする。もちろんその家柄の良さ、存在の重厚さがあちら様の魅力で、それはそれで大好きだから実は何本も持ってるんですけど(笑)。ま、それはまたそのうちに。
スポンサーサイト

« ハムリンズも大喜び | ホーム |  あ、そーいえば今日は“のだめ”の日だ! »

コメント

この記事へのコメント

ご無沙汰してます。赤いストラトかっこいいっすね。たしか赤は松尾のフェイバリットカラーだよね?今年は10年ぶりに日本で暮れ,正月を過ごそうと思ってます。またトリビーで飲みましょう。12/30には渋谷アックスでのCharのライブがあるようなので、そっちも10年振りにチェックしてみたいと思ってます。

粕谷

↑粕谷くんご無沙汰です。「トスカーナでペンションのおやじ」はまだですか?(笑)また旨いうどん喰いに大阪にも遊びにきてよ!
 松尾くんといえばやっぱり(ワインレッドの335)でしょ!

ネーム入りのギター。世界でたった一つのギターですね。
字体もとってもステキ♪
音楽が好きな割には、ギターのことは全然わからないので、色々教えてね☆
だってギターリストで好きになったの、ばんちゃんが初めてなんだもん(〃▽〃)

>Kasuya&mikami
ご無沙汰です!コメントありがとう。Kasuyaの帰国を楽しみにしてます。
ぜひみんなで飲みましょう。大阪?東京?

>PENGINさん
この企画(?)はほとんどオノレのオタク心を満足させるためだけの
モノですが、コメントいただけてウレシイです。
いつもありがとうございます。今後ともヨロシクです!

こんにちわ。お邪魔します。<(_ _)>
なるほどぉ~っ 。 マニアな話は雰囲気だけ理解するとして・・・
愛情たっぷりなギターネタは面白いですね。(^^) 例えが素晴らしい!?
ギターもカッコイイですね。 名前・・ 『バンナ』は無意味になってません?^^;

うおー!
これおもしろいですねー
かなりカスタマイズされた模様で、うらやましいでス
ヴァンサンド… やっぱりパッシヴピックアップっすよねぇ~

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://banna.blog54.fc2.com/tb.php/35-d8a795c8

この記事へのトラックバック

 | ホーム | 

プロフィール

松尾バンナ

Author:松尾バンナ
ロックバンド “ザ・トロフィーズ”
ギタリスト
http://www.thetrophyz.com/
http://www.myspace.com/thetrophyz

…だけじゃ現実的には少々モンダイもあるので、もっぱらいろんなアーティストの方のレコーディングやステージのお手伝いをさせていただいております。山羊座 O型 
なりすまし詐欺にご注意下さい!

天気

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。